治験コーディネーター

治験コーディネーターって?残業は多い?

治験コーディネーターは患者に治験のメリットやデメリットについて説明して、患者の不安や疑問を解消する仕事です。

 

医療を行うには患者へインフォームドコンセントといって内容を説明する義務があるためこのような役割が設けられました。また、治験を実施する際には取り決めがあり、その基準にそって治験が行われます。この基準はGCPといわれます。

 

治験にかかわる患者や医師、病院側などがGCPにそって治験を行っているか判断するのも治験コーディネーターの役割で、報告として記録を文書にしたり、患者の来院予定や検査予定を調整する役割もあります。このように、新薬の承認などに携われる仕事です。

 

患者への説明や会社への報告を主に行うためコミュニケーション能力が深く必要とされます。また、病院にも足を運ぶことになります。病院へ出向いたり、患者と直接会うことがあるためその分きっちりとスケジュールがあります。

 

その後、報告書を作成する事務作業をします。そのため残業が多いかどうかは会社次第のようです。中には事務作業だけの日はフレックス出勤や自宅作業となる会社もあるようです。