保健師になるメリット

保健師になるメリット

保健師になるメリットは、人々の健康を守り病気を予防する仕事に携わることで、多くの人に触れ合うことができるところです。新生児から高齢者まで、様々な年代の人と関わる仕事なので、幅広く活動ができます。

 

安定した勤務体系も保健師のメリットで、行政保健師になれば、公務員と同じ待遇を受けることができます。公務員として保健師になることができれば、勤務地が変わる都度、新たな出会いがあるので、その分、視野を広げることができます。

 

人生経験を多く積むことができるのは、大きなメリットと言えます。また、患者だけでなく家族からも感謝の言葉を伝えられることが多いので、人生に少しでも役立つことができたことを実感できます。

 

健やかな暮らしのために役立ちたいという気持ちがある人なら、保健師は深い満足感ややりがいを感じることができます。

 

そして保健師は、地域の住民に対して、サービスではなく、保健指導や健康管理を行っている側面があるので、隔たりなく面倒をみることができるメリットがあります。つまり、社会貢献をしているというモチベーションが持ちやすい側面があります。