助産師の業務

助産師の業務

助産師の業務というのはどのようなものなのでしょうか。まず分かりやすいのは出産に立ち会い、赤ちゃんを取り上げるというものがあります。社会的にも助産師の仕事というとこの出産時のことだけを想像する人が多いと思います。しかし、実際にはそれ以外の仕事がとても多くあります。

 

助産師の仕事というのは、妊婦・褥婦・新生児の保健指導を行う事。という役割があります。妊娠した女性の健康管理をはじめ、食事や運動などの生活全般の指導、分娩時の助産行為、褥婦の体調管理や母乳指導や乳児指導などまさに人がこの世に生命として誕生する一連の流れをすべて管理して指導をするというのが助産師の業務になります。

 

また産前教育も助産師の業務になります。全ての女性に対して親になるということを教え、妊娠や出産をするということに対する知識を普及させるということも広い意味で助産師の業務になります。家族計画指導を行うという役割も担っています。

 

助産師は女性のみがなることが出来る職業であるのは、この助産師の業務がより妊婦、つまり女性の生活に密着しているからだと言われています。