看護師と准看護師の違い

看護師と准看護師の違いは?

看護師と准看護師の違いは、保健師助産師看護師法という法律に定められています。看護師は、厚生大臣の免許を受け傷病者もしくは褥婦の療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいい、准看護師は、都道府県知事免許を受け、医師・歯科医師または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話又は診察の補助を行うことを業にする者となっています。

 

看護師は看護師養成所で3年間、准看護師は准看護師養成所で2年間学んだのちに各試験を受けます。看護師の国家試験は1年に1度のみ、准看護師試験は各地の都道府県で行われ、地方によって試験のレベルも異なります。試験日も異なるので滑り止めに複数の都道府県の試験を受けることも可能で、どこかで合格すれば資格が発生することが准看護師免許のメリットです。

 

しかし実際働くとなると、大学系病院や公的な病院では准看護師は採用されないですし、他にも給料の差や出世にも違いがあり、准看護師ではどれだけ経験豊富で優秀でも師長や主任になるなどの出世ができないのが現実ですので、やはり管理職に就くためには看護師免許が必要になってきます。

関連ページ

看護師が不足している理由は?
看護師が不足している理由にはどんなものがあるのでしょうか?看護師が不足しているのはどんな利用が考えられるのでしょうか?
看護記録とは?
看護記録とはいったいどんなものでしょうか?看護師が記録を取るときにはどんな点に注意しているのでしょうか?
看護師の見た目で病院は変わる?
看護師の見た目で病院は変わるのでしょうか?看護師の印象で病院の状況はすごく変わってくるんですね。
看護師の職場の環境は厳しい?