看護師の見た目で病院は変わる

看護師の見た目で病院は変わる?

ボロボロの車が置いてあったり、ゴミが沢山落ちていたりする道があったとします。周囲にある建物は落書きだらけで壁も一切洗われておらず汚らしい。こういう街並みだときれいに使おうという人間の心理が働かなくなり、道行く人々も空き缶を投げ捨ててしまったり、道端に唾を吐いたりしてしまうそうです。

 

これに対し、しっかり整備されていて常にきれいな道路、そして毎日掃除している清潔感のある街だときれいにつかわなければという人間の心理が作用して道行く人々も自主的にゴミを拾ったりしてその街を大事に使うそうです。これは人間でも同じことが言えます。

 

特に病院などの人の命を扱う施設で働く人の見た目は非常に重要。遊びに行くような髪の色をしている看護師ばかりの病院はいくら仕事を熱心にしていても患者さんの不安だという固定概念が先行してしまうため、ちょっとしたことで悪い印象を与えてしまいます。

 

実際看護師の面接では身嗜みのチェックが厳しく行われています。

 

看護師の見た目はその病院のイメージを決める要素の一つ。見た目一つでその病院が大切にされるかされないかが決まってしまう可能性だってあるのです。

関連ページ

看護師が不足している理由は?
看護師が不足している理由にはどんなものがあるのでしょうか?看護師が不足しているのはどんな利用が考えられるのでしょうか?
看護記録とは?
看護記録とはいったいどんなものでしょうか?看護師が記録を取るときにはどんな点に注意しているのでしょうか?
看護師と准看護師の違いは?
看護師と准看護師の違いはどんな所から出てくるのでしょうか??同じ看護師でもどのあたりが違ってくるのか?
看護師の職場の環境は厳しい?